ニガウリの育て方は?どんな効果があるの?

kireisyo010

ウリ科の野菜「ニガウリ」は、手間なく簡単に育てることが出来るため、家庭菜園初心者の人におすすめです。ニガウリは、別名「ゴーヤ」とも呼ばれる野菜で、暑い夏の時期に栽培されます。生育適温は25度から30度と高めのため、種を植えるのは4月上旬から、実際に畑に植え付けるのは気温が十分に高くなる5月からがおすすめです。ニガウリには「さつま大長れいし」や「白れいし」、「あばしゴーヤ」「島さんご」など、様々な品種がありますが、どの品種もよく育つため特に心配する必要はありません。ニガウリの栽培は、大型サイズのプランターと野菜栽培用の土を用意します。自分で土を作る時は、赤玉土7に対して腐葉土2、そしてバーミキュライト1の割合で混ぜ合わせて作ります。それに石灰と化成肥料を混ぜ合わせれば、ニガウリ栽培に適した土が完成します。土が完成したら種を植えていき、水をたっぷり与えます。まだ苗が小さいうちは、害虫予防の防虫ネットを張ると良いでしょう。

成長するにつれて根を張っていくため、ある程度成長してきたら支柱を立てておきましょう。ニガウリの収穫時期は、花が咲いてから約15日から20日程度経過した頃です。熟し過ぎると実が黄色くなってしまうため、収穫時期を逃さないよう注意しましょう。無事に実を収穫出来たら、実際に調理して食してみましょう。ニガウリにはビタミンCや食物繊維、カルシウムや鉄分などの栄養成分が豊富に含まれており、夏バテ防止や美肌効果、糖尿病の予防、さらにダイエットに効果があるとされています。加熱にも強く、栄養素が壊れにくいため、効率良く栄養を取ることが出来ます。また、あの独特の苦味は胃の働きを活発化させ、食べ過ぎによる胃もたれを軽減してくれます。暑い夏の時期には、まさにうってつけの野菜と言えるでしょう。ちなみに、妊娠している人がニガウリを食べると流産しやすくなるという噂がありますが、これは全く根拠のない情報です。

akannbosirobakku

ナットウキナーゼのサプリが人気?効果効能は?

kurrurinnpa

ナットウキナーゼは納豆菌に含まれる酵素のひとつで、タンパク質を分解する効果があります。納豆そのものは日本の伝統的な食品のひとつで、健康に良いと言われ食されてきましたが、独特の臭い、ねばねばした食感が苦手という人も多く、現代では食する人が減少しています。このねばねばした部分にナットウキナーゼが含まれており、食することで血栓の予防になるとされます。ナットウキナーゼが分解する成分は、フィブリンと呼ばれるタンパク質で、本来は血液の凝固作用によって傷口の止血に役立つのですが、血液中に長いこと留まっていると、一部が凝固して血栓の原因となります。血栓によって血液の循環が上手くいかなくなると、やがて動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳梗塞といった生活習慣病のリスクを高める結果になります。ナットウキナーゼを摂取するとフィブリンを分解、溶解することで血液の流れを良くし、さらに血栓溶解酵素となるウロキナーゼやプラスミンを活性化することでより効果的な血栓症予防となります。

onnaii6

いわゆる血液がドロドロの状態が血栓が起こる原因となるのですが、ナットウキナーゼによって血液はサラサラの状態となり、血液循環が上手くいくことで生活習慣病の予防、冷え性や肩こりといった血液に関する問題も改善される可能性があります。また、ナットウキナーゼには抗菌、抗酸化作用を持つことが分かっており、腸内で働くことによって有用な善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす整腸作用があります。抗酸化作用のあるビタミンB群を増やすことによって細胞が傷つくのを防ぐほか、腸内のバランスが取れることでお通じが良くなり便秘の解消になり、有用な善玉菌が増えることによって免疫機能が向上して有害菌への抵抗力が高まります。また、腸内ではタンパク質をエサにしてアンモニアや発がん性物質、硫化水素などの有害物質を発生させる悪玉菌が存在しますが、これを抑えることによってがん予防にも効果が期待されています。

朝鮮人参にはどんな効果があるの?副作用は大丈夫?

neokidakedosawayaka

朝鮮人参と言えば、健康補助食品や栄養ドリンク、健康茶の原料としてお馴染みです。
数ある自然食品の中でも一際注目される原料であり、人々の疲労回復やストレス解消に役立つ素材です。
また最近ではがん予防や生活習慣病の対策、骨粗しょう症の予防、意欲の低下改善、アンチエイジングにも役立つ事が分かりました。

朝鮮人参は古今東西、時の権力者が挙って愛用していた素材としても知られており、
日本国内では約500年前頃から、中国大陸では約2000年程前から滋養強壮の食品、あるいは漢方薬の成分として利用されていました。
医学書や当時の料理レシピ本にも朝鮮人参の有効性は明記されており、今とほとんど同じように使われていた事が分かっています。

朝鮮人参には豊富なサポニンと呼ばれる栄養成分が配合されています。
植物由来のサポニンには、まず免疫力を向上させる効果があります。
殺菌や抗菌効果とも呼ばれており、文字通り厄介なウイルスや菌を撲滅する働きです。
私たちは毎日雑菌やインフルエンザウイルスが飛び交う街や施設内で暮らしていますが、サポニンを継続的に摂取しておけば、そもそもウイルス感染が起きず、寒い冬場でも安心して生活出来ます。
また万が一風邪やインフルエンザに感染しても、免疫力の土台が出来ていますので、高熱や吐き気等に苦しめられる時間が短く、短期で仕事に復帰する事が可能となります。
朝鮮人参には他にも冷え性や女性を悩ませるむくみにも効果があります。
基礎代謝の促進を推し進める働きがあり、血行不良によるそれらの症状を防止、緩和させます。

朝鮮人参は自然由来の植物ですので、副作用の心配はいりません。
ただし、サポニンは血の巡りを促進させる効果があり、いわゆる健康体の方が飲めば色々なメリットを得られるものの、既に高熱や激しい頭痛などに苦しんでいる方が大量に飲んでしまうと、逆効果を生み出します。
風邪予防やインフルエンザ予防には大変効果的なサポニンですが、既に高熱が激しく出てしまっている時は、摂取を控えた方が無難です。

awa111

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の特徴

onnaii7

体の健康を維持するには、様々な栄養素を摂取する必要があります。脂質もその一つで、油脂は脂肪酸とグリセリンからなります。
脂肪酸の構造は炭素原子が繋がったもので、炭素数によって低鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分類されます。低鎖脂肪酸は炭素数が2個から4個のもので、バターやチーズ、お酢などが該当します。長鎖脂肪酸は炭素数が12個以上のものを指し、大豆油やコーン油などの植物油のほか、肝油や魚油などもこれに含まれます。

一方、中鎖脂肪酸は炭素数が5個から12個のものが該当し、主に牛乳や母乳、ココナッツやパームフルーツなどに含まれています。
長鎖脂肪酸類は、体に吸収された後リンパ管や血液中を経由し、最終的に肝臓に運ばれてからエネルギーとして変換されるため、代謝に必要とされる時間は比較的長めです。対して中鎖脂肪酸は直接肝臓へと運ばれるため、素早くエネルギーへ変換されるという特徴があります。長鎖脂肪酸が体内で完全に分解されるまでに12時間、あるいはそれ以上必要なのに対し、中鎖脂肪酸の分解は摂取後10時間以内に完了します。このため、栄養補給の難しい肝臓病の人や、早急にエネルギーを必要とする未熟児や病人など、様々な場面で利用されています。

また、摂取してから分解までの時間が早いため、ダイエットにも効果を発揮します。食後に運動をした場合、最初に糖分がエネルギー源と利用されます。糖分が枯渇すると、蓄えている脂肪を燃やすことでケトン体を生成し、エネルギーとして利用します。ココナッツオイルには、このケトン体が多く含まれているため、ダイエット効果をさらにアップすることができます。

これら以外にも、中鎖脂肪酸は代謝が早いことから、細胞の生成サイクルを正常なものに維持し、美容に高い効果を発揮するほか、体に必須のビタミン類やミネラル類の吸収を早めて効果的な摂取を促すため、健康維持のためには是非とも摂取したい栄養素の一つと言えます。

kesyoukami

スルフォラファンにはどんな効果があるの?

petmizu12

スルフォラファンはブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれている成分です。独特の辛み成分でブロッコリースプラウトにはブロッコリーの約100倍ほどスルフォラファンが多く含まれています。ビタミンや食物繊維、ミネラル、脂質、たんぱく質、炭水化物と並んで第7の栄養素とも呼ばれており、注目されている成分です。

スルフォラファンの主な効果は活性酵素を除去するということがあげられます。そのためがん予防やピロリ菌の除去、花粉症の抑制、風邪予防、シミそばかすの予防、悪酔いの改善、生活習慣病予防、肝機能を高めるなどに効果があります。

ピロリ菌除去に関しては解毒作用により、菌自体を死滅させることができます。ピロリ菌は2人に1人は菌を保有しているとされており、胃潰瘍や胃炎、胃がんを引き起こします。ブロッコリースプラウトを積極的に食べることにより、感染を予防し、菌を減少させることができます。

kireisyo001

花粉症の抑制に関しては特にスギ花粉に効果があります。スルフォラファンには炎症を起こす細胞が過剰に作り出すのを抑えることができるため結果としてアレルギー反応も抑えることができます。
がん予防としては特に乳がん、肝臓がん、前立腺がんに効果があり、がん細胞を自滅に導く働きがあります。初期のがんにも有効とされており、ブロッコリースプラウトを10g、週に4回食べるとがんの発生を半分以上抑えることができます。10gはひとつまみぐらいなので意識して食べると良いでしょう。

スルフォラファンにはブロッコリーの他カリフラワー、菜の花、キャベツ、カイワレ大根、大根にも多く含まれています。熱に強いためどのような調理法でも構いませんし、1日の摂取量も決められていません。良く噛むことで吸収率が高まるとされていますが、忙しい時などは野菜ジュースにして飲むか、スムージーにして飲んでも大丈夫です。1度食べると3日ほど効果が持続する特徴があるので、3日に1度食べるようにします。

シャークリバーオイル(鮫肝油)の特徴は?効果は?

onnaii5

シャークリバーオイルとは、水深700m~1500mの深海に生息するサメの肝臓から抽出したエキスです。深海サメは重量のおよそ25%が肝臓でできており、肝臓の80%以上が油です。肝臓から得た油を利用するのはエイやタラと同じですが、シャークリバーオイルにはスクワレンなど栄養が豊富なので、健康食品として有名です。深海は酸素濃度が薄いですが、深海サメはスクワレンの働きによって過酷な環境でも生きることができます。生命力が強くで少なくとも70年は生き、発ガン物質を溶かした水槽に長時間入れても悪性腫瘍は作られなかったという研究があります、これはサメに含まれるコンドロイチン硫酸やコラーゲンがあるためですが、さらいにスクワレンが重要な位置を占めています。スクワレンは酸素を運ぶ役割があり、人の肝臓でもわずかですが生成されます。人体においては、赤血球の柔軟性を高める効果があります。赤血球は酸素を運びますが、大きいので柔軟性がなくなると血管が詰まりやすくなり、体中に酸素を届けられないことで肩こりなどの不調を起こします。
onnaii1

シャークリバーオイルでスクワレンを補給すれば、酸素がスムーズに運ばれて、血行が良くなるので疲れにくくなります。食べ物をエネルギーに変える時も酸素を用いるので、スクワレンのは代謝をサポートする効果もあります。スクワレンは体内で副腎皮質ホルモンになると、痛みを発生させる物質のプロスタグランジンやブラディキニンなどの働きを阻害します。その上酸素がよく届くことで、腰痛や虫歯、肩こりなどの痛みを緩和します。さらにEPAやDHAなど体内では生成されない成分も含んでいます。スクワレンには副作用はありませんが、シャークリバーオイルのサプリメントにもビタミンAやビタミンEなどが入っています。ビタミンAは尿として排出されずに肝臓に蓄えられますが、過剰摂取すると下痢や吐き気、睡眠障害などの副作用を引き起こすので、用量を守ります。

LDLコレステロールを下げるためのサプリ