米ぬかの上手な利用方法の解説

namimizuiro

米ぬかは総合的な栄養食品ですが、使い方が分からずに処分してしまうこともあります。無駄なく利用するためには、ぬか床を最初に作り、様々な食品の発酵や矯味を行うことが有効です。米ぬかに12パーセント前後の塩を加えて、水を入れて練り、さらに風味付けのために昆布や生姜なども加えます。最初は野菜の皮などを漬け込んで、徐々に乳酸菌を増やしていきます。捨て漬けの段階が終われば、本漬けの作業に移ることが可能になり、美味しいぬか漬けを毎日のように食べられます。

ぬか床が十分に醸された状態になれば、料理の調味料としても使えるようになります。九州などの地方では、ぬか味噌を使ってイワシなどの魚を煮込み、豊穣な味わいを作り出します。魚と一緒に煮ることで、米ぬかの爽やかな風味が浸透して、生臭みもなくなってしまいます。

petmizu7

余った米ぬかを常備菜にしたい場合には、ゴマや黄な粉と合わせて、ふりかけにする方法も使えます。最初には米ぬかを乾煎りして、ゴマも一緒に加えて香ばしい状態にします。黄な粉を一緒に加えることで、香ばしさがさらに際立ち、豊かな甘味も生まれます。このふりかけには塩を少しだけ加えますが、薄味でも旨味が豊かですから、健康にも良い料理となります。

伝統的な使い方としては、ワックスの代わりとして使う方法があり、おばあちゃんの知恵としても知られてきました。適当な大きさにした布を用意して米ぬかを包み込み、床を拭くだけでピカピカの状態になります。この方法を使えば、木材を長持ちさせることが可能で、高温多湿の気候に対応できる状態になります。

大量の米ぬかを使う場合には、肥料にする方法を選べば、資源を有効に使うことができます。家庭で余った生ごみに混ぜれば、微生物の活動が活発になり、やがては有機質の堆肥に生まれ変わります。米ぬかで作った堆肥を畑に撒けば、土壌の養分が豊かになりますから、収穫する野菜の美味しさも明らかに違ってきます。

クロレラの効果・副作用について調べてみた

petmizu9

大変知名度の高い健康食品の一つがクロレラですが、もともと淡水に住む緑藻のひとつであり葉緑素をはじめとした多くの栄養素を含んでいることが知られています。
クロレラを乾燥させて作られたサプリメントには豊富なタンパク質、糖質の他にビタミン類、ミネラルを含んでおり、免疫機能を向上させることができる食品として研究されてきました。
この健康食品を進められているのが更年期の女性で、女性ホルモンのバランスが崩れることによりさまざまな不快な症状が出てしまう更年期障害の方は、クロレラを摂取することで更年期障害の症状を強めてしまうホモシステインの濃度を引き下げることが出来るというデータがあります。
このホモシステインは生活習慣病のリスクも引き上げてしまうため、この健康食品を摂取することで葉酸やビタミンBの濃度が上がり、ホモシステインを撃退することができ、健康をサポートする効果があります。
またクロレラは貧血に悩む方にとっても効果を発揮したり、便秘などに悩む方にも効果があるとされています。
この成分が持つ豊富なミネラル分や食物繊維が貧血や便秘の症状を解消してくれ、毒素を排出しやすくしてアンチエイジング効果も期待することができます。
ただし注意するべき副作用もあり、それはクロレラの葉緑素が代謝される時に生み出される成分フェオフォルバイドによる光過敏症です。
フェオフォルバイドが光に対して敏感に作用してしまうため、厚生労働省はこの成分の基準値を定め、こうした光過敏症の副作用が出る製品は大変少なくなりました。
このようにクロレラは天然の緑藻から抽出された成分で、自然の恵みのミネラルやビタミンを豊富に含んでいる大変栄養価の高い健康食品であることがわかります。
体の毒素を排出しやすくするデトックス効果や、更年期障害、貧血、便秘など女性のさまざまな不調を解消するサポートをしてくれると同時に肌を美しく保つなどの美容効果も期待できます。

onnaii2